うさ奥 糞の乱 ~見るは極楽、抱くは地獄。~
アンダーグラウンドでひっそりこっそり活動する、殿のドタバタ時代劇なのじゃ。時にアダルトな表現も使われますので※R15なブログとなっております。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/06/18(水)   CATEGORY: 母上のボヤキ
お知らせ
只今、家庭崩壊中につき、

しばらくお待ちください。
[ TB*0 | CO*17 ] page top
DATE: 2008/03/11(火)   CATEGORY: 母上のボヤキ
はっしーウエディング!



「ニート脱却するまでブログは更新しない!」

そう決めて早3週間・・・

一体わたしは何をしているのでしょう?

えぇ、ご期待通りまだニートです。

こちらはまた改めてご報告をば!


殿は先月末にようやく通院終了。

今は元気いっぱいであります~。

そして父上は、「年に1人ぐらいいる。」という

肺の手術痕から空気が漏れる事態に陥ったものの

残念ながら先週完治してしまいました。



まぁ、ウチの話は外に置いといて・・・

皆さんが聞きたいのはこんな話じゃないでしょう?

そうです!行ってきました!

只今うさぎブログ界をお騒がせ中の

橋本氏の結婚式に参列して参りましたぞ~♪


1313.jpg

またの名を『よっつんパーティー』とも言う。




一緒に参列した‘よつばこ’で拝見された方も多いと思いますが、

ちったんさんが描いたウェルカムボードにお迎えされました!

1314.jpg

ぐほーー!かわいすぎるぞー!

絶対これで飯食ってるな!ちったん!?




母上のせいで挙式前に会場に飛び込んだ我々は、

よっつんに圧倒されながらも式場へ移動。

そしてamazing graceの音楽と共に、

父親に手を引かれ花嫁の登場・・・

1315.jpg

キレイだ、キレイだよ!はしもっちーーー!

馬子にも衣装!

そしてとても4キロ太ったとは思えないぐらい細い!




あぁ・・・素敵・・・。

1316.jpg

厳粛な空気の中、いばらの道を進む花嫁。

しかしさすが橋本氏。

普通には終わらないというかなんといいますか。

裏方の音声さんがマイクのスイッチを入れてることに気づかず、

しゃべり声が式場内に流れまくるという大ハプニング。


しかも、

「鳩のウンコが・・・。」

という、一歩間違えれば

「はしもとのウンコ」

とも聞きとれる大失言をしておりました。

でも橋本氏がこちらの元スタッフでほんと良かったね・・・。

通常なら取り返しのつかない大ミスですな(笑




しかしそんな苦境も乗り越え、笑顔の花嫁。

1317.jpg

モザイクをかけるのをためらっちゃうぐらい

いい笑顔しております~♪




1318.jpg

ブーケトス前。

もちろん母上も「再婚したい~!」と参加させていただきました。




そして次は披露宴・・・



こんなところにもよっつんが!!

1319.jpg

しかしコレだけじゃないぞ!!




な、なんということだろう・・・

卓上のお花の中に殿が~~~!!

1320.jpg

ひゃっほーーい♪

さらにさらに、殿と会長は恐らくうさぎとしては初めてであろう、

新郎新婦のプロフィールビデオに登場するという快挙を遂げたのであった。

くそー!粋すぎるぜ、はしもっち!




新郎新婦の職業柄、

会場はさながら警察官と看護師の大合コン。


そんな中、ケーキカットと思わせて・・・

1325.jpg

ドクロ先生をナイフで刺そうと企む橋本氏。

きっとお友達が応急処置してくれるに違いない。

そして橋本氏は警官に手錠をかけられるに違いない。




そんな二人を横目に

1323.jpg

「箸がない、箸がない。」と、

たくさんのフォークとナイフに困惑するよつぱぱ・・・。




そして橋本氏もやってくれました。

まさか・・・まさかとは思っていたが・・・


【スリルの音楽で入場する花嫁】





見所は警察官の制服で敬礼するドクロ先生ですが、

カーテンに隠れて写っておりません(笑




その後も余興で小太りな峰不二子が踊ったり、

プロのゴスペラーが場を盛り上げてくれたりと、

あっという間の3時間が過ぎていったのでした。

ほんと金かかってそう楽しかったよ、ありがとう~!




最後の最後でやっと一緒に写真が撮れました~。

1322.jpg

イケ面ドクロとバービー橋本。

美男美女です。間違いなく。



そして引き出物のお菓子も紅白うさぎ!

プチギフトもうさぎチロルチョコ!

・・・と本当にうさぎづくりだったわけですが、

写真を撮る前に父上に食われてしまいました・・・。

きっとそちらはよつぱぱがアップしてくれることでしょう。



ちなみに席次表にまで殿が登場しておりました!

1324.jpg

よっつんのプロフィールの横に殿と会長まで・・・♪


両親への手紙を読む花嫁は数あれど、

うさぎへの想いをしたためた手紙を読んだ花嫁は

きっと日本で橋本氏ぐらいのものでしょう。

今までに見たことない結婚式で、

本当~~にうさ飼いならずとも楽しかったです!

はしもっち、呼んでくれてほんとありがとう!


次は二人で‘渡る世間は鬼ばかり’のテーマソングで

入場しようぜぃ!

・・・って次とか言っちゃダメか(笑

ガッハッハッハッハ。


[ TB*1 | CO*20 ] page top
DATE: 2008/02/21(木)   CATEGORY: 母上のボヤキ
人柱伝説~終焉~



ご無沙汰しております~!

まだお返事もせぬままで申し訳ありません~。

一応元気に動き回っておりましたぞ!


ヒキコモリの母上を多忙に走らせた、

我が家の男ども・・・

1311.jpg

(※「お前が舐めろ」大会実施中)


1312.jpg

絶対に母上より下位にはなられたくない殿。


殿サンもう元気マンマン!

・・・と思っていたのですが、

どうもそうではなかったようで(泣

薬を止めた途端不調に戻ってしまい、

まだまだ通院中でございます。

でも胃腸の動きが弱いだけで元気はあります♪

ご心配なく!




そして人身御供になり肺に穴をあけたオッサンは・・・

ごめんなさい、残念ながら・・・

1303.jpg

アボーン。



・・・と骨になればブログで大ウケしたのに、

無事に退院してきてしまったのでした。

1310.jpg

病院から急いで退院させられた父上。

夜中に痛み止めが切れると呻き声をあげるので

めちゃくちゃ気持ち悪いです。

皆さんもご存知の通り、

痩せた男性がなる『気胸』という病気なのですが、

再発しないためにわざわざ手術をしたのに

「予備軍ありすぎ」

「これ以上肺切りとっちゃうと日常生活に支障でちゃう」

と、全て取りきれませんでした。


1304.jpg

こんなのです・・・。


しかも入院中に「元気だから」と調子にのり、

病院の売店に出没した父上。

棚にでもひっかけてしまったのでしょうか?

肺から通している管を引っこ抜いてしまい・・・

1301.jpg

一瞬にして売店を震撼に陥れたのでした。

しかも血噴出したままナースステーションに戻ってゆきやがった。

売店のおばちゃん、ごめんなさい・・・。




そして‘よつばこ’でもご紹介されていた通り

よつぱぱ&よつままが冷やかしに来てくれたりもしました。

1305.jpg

花瓶がないためペットボトルに飾られる、

可哀想なお花たち・・・。




そしてとても見舞い品とは思えないこんなモノまで。

1306.jpg

きっとアレだろう。

「父上、次は肝臓バルス。」

と伝えたかったに違いない。




さらにさらに、自宅にもこんなネタが届いておりました。

「サービス良すぎて赤字だぜ。」

‘くまお堂’さんより、

1307.jpg

父上ではなく殿に、うさぎのウンチ型チョコ。

そしてなんと母上にはうさぎ柄の勝負パンツである。

しかしこれで男性が萌えるのかどうかは、

くまおさんも履いてないので不明だとのこと。

これは実験もかねて、

来年のうさフェスに「見せパン」として履いてゆくしかなかろう。

これでM字開脚して試してみせよう。




しかし相変わらず経営ベタなくまお堂。

メインはこちらでございます!

1308.jpg


ミクロでマクロな物も作れるくまおさん。

父上の会社で重宝されるに違いないくまおさん。

ただの羊毛うさぎではございません!

頭に乗ってる物をよ~く見てください!



実はコレの正体、

『待ち針』

・・・と思わせといて

1309.jpg

次回の人身御供に使う、呪術用の道具に違いない。

さっすが、くまお堂♪

気の利かせ方が半端じゃないのです。




しかし今回の人柱騒ぎでございますが、

実は父上も気胸は3回目。

初めての気胸は大学仲間とタイに行った時でした。

どうもこの体質の人は、気圧の変化に弱いらしいのです。

飛行機とスキューバダイビング(金がないので素もぐり)が

原因だったのかもしれません。

とにかく奴は保険の効かぬ海外でやってしまったのです。

金がかかると分かりつつ、

肩で呼吸をし始めるほど酷かったので

「ドクタープリ~ズ!」

と医者に看てもらいました。


するとホテルに現れた怪しげな医者・・・

心電図をとり始めたかと思いきや、

いきなり‘心臓ビックリ病’などと診断してくる。


「呼吸が苦しいと言ってるんですけど・・・。」


と必死で伝える母上をよそに、

謎の軟膏を取り出す医者。

そして

「これタイの秘薬ネ」

・・・と、スースーする軟膏を父上の鼻の下に塗りだす。


1302.jpg

ヤブ医者に本気で騙される阿呆。


その後の旅行中も、痛みが酷くなる度

「薬塗って塗って!」

とバカのように鼻の下をテカらせ

「あ~これ効く~。」

などとのたまっていたのでした。

効くわけないだろ・・・。

いいな・・・アホって単純で・・・。


[ TB*1 | CO*21 ] page top
Copyright © うさ奥 糞の乱 ~見るは極楽、抱くは地獄。~. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。