うさ奥 糞の乱 ~見るは極楽、抱くは地獄。~
アンダーグラウンドでひっそりこっそり活動する、殿のドタバタ時代劇なのじゃ。時にアダルトな表現も使われますので※R15なブログとなっております。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/10/24(火)   CATEGORY: しつけ
抱っこうさぎへの道 3

先日ペットショップでこんな本を発見。

躊躇することなく買ってしまったのであります。

133.jpg

アニファ9月号。

なぜ買ったのかおわかりいただけますでしょうか?

そう・・・

この号のうさぎの特集が・・・


134.jpg

『必ずできる抱っこの秘けつ』

これが買わずにいられましょうか。

「うちの子は抱っこ好きだから」などという輩には、

妬みをこめた母上の北兎百烈拳が炸裂です。



購入できない皆様のために要約してみました。



抱っこに年齢は関係ありません。

ウサギは本来抱っこが好きな動物ではありませんが、

その心地よさを知る知能を持っています。

「落としたらどうしよう」「暴れてケガしたら」などと思っていませんか?

色々なことを考えすぎてウサギを不安にさせてませんか?

抱っこができない飼い主さんは「ウサギがやらせてくれないから」と

全部ウサギのせいにしがちです。

「ウサギがいやがる」というのは、飼い主の言い訳です。




・・・死人に鞭打ち?


まぁ、よい。

そんな人のためにこの本があるのです。

気を取り直して抱っこの手順を読みます。





①声をかける

②頭や体をさわる

③一気に抱き上げる



ふ、ふーん・・・。




とりあえず写真付で紹介されてたウサギが安心する

「肩乗せ抱っこ」をすることにした母上。

うさぎの前足を自分の肩にのせ、体に密着するように抱きます

胸の前で抱っこするのは、密着度が少ないのでうさぎが不安がるそう。

殿もこれが一番キライです。

しかし膝の上にのってもすぐ降りてしまうので、

いつも強制仰向け抱っこをするはめに・・・。




さぁ、殿。

うさぎ界のアイドル、抱っこうさぎへの第一歩ですぞ。


肩乗せ抱っこ中。
148.jpg

わ~抱っこ気持ちいいね~。楽しいね~。


そう笑顔で声をかける母上。

しかし胸上では、殿のうさキックが猛烈に繰り広げられています。

密着していればいるほど食い込む殿の爪。

そして殿の渾身の一撃が。


149.jpg

「ガッ」という奇声が出ると同時に、逃げられてしまいました。



150.jpg

あ~ウサギが逃げてるよ、おかあさーーん!




・・・と思ったらブーメランのように戻ってきた殿。

相変わらず根に持たない子だと感心する母。



しかし、なにかと思ったら

151.jpg

ご褒美のおねだり。

アレで「抱っこ」のつもりらしい。

母上の胸に無数の赤い傷が入ったのはわかっているのだろうか?

母上にキックをすればオヤツがもらえると思っているのだろうか?

殿・・・、それはそういうプレイを楽しむ人にやって頂きたい。




なんだかこれでご褒美をあげるのもシャクなので、

意地悪してあげない母。



でも・・・

152.jpg

うさぎなりに超必死。

根負けして美味しそうなチモシーを一本あげたら、

口に入れた瞬間「ペッ」ってされました。




にほんブログ村 うさぎブログへ
どこが過保護なのじゃ?
[ TB*0 | CO*18 ] page top
DATE: 2006/10/23(月)   CATEGORY: しつけ
父との決闘。


相変わらず助平の殿です。

しかし発情が激しい時の、ある法則を発見しました。

実は前からそうではないかと疑ってはいたのですが・・・


‘父上がいる時’です。



平日の昼間、殿はお昼寝しています。

とても大人しくケージから出してともあまり言いません。


142.jpg

まぁ、「撫でて」の視線攻撃は普段通りですが・・・



しかし土日の昼間・・・それはもう激しいです。

いつもなら横になって寝ている時間に「ケージから出して」と

激しくアピール。

出たら出たで猛烈にカクカク・・・。

見てる限り、昼寝タイムは削られているようです。



昨日はあの父上にさえ、カクカクの嵐でした。



父上は、撫でさせてもくれない殿が寄ってくるので、

「こいつぅ~~。俺のこと性処理の相手だと思ってるナ?」

と多少ならずとも楽しんでる様子。

こういう時に触っておこうと思っているのでしょうか。

カクカクしようとする殿を抱きかかえようとし、

殿がそれに必死の抵抗。

一目散に逃げたと思えば背後から近づきカクカクをしかけます。

そして父上が両手で覆いかぶさり、殿も上に乗り返し・・・




遠めに見てる母上の目には、子供が2人、

プロレスして遊んでいるようにしか見えませんでした。

そして父上は、殿が発情して乗っかってくると思っているようですが・・・

母上の目には明らかに「順位付けのカクカク」に見えます。


いつも興奮するとブゥブゥ鳴くのですが、

鳴くこともなく必死な形相で上に乗ろうとしています。

いつもなら名前を呼んだら走ってくるのに、来る気配さえ見せません。

更に父上は何回も何回も甘噛みされています・・・。


でも父上が少し笑顔だったのでとても言えませんでした。

これは罪でしょうか?

気づかないことを祈っています。

心から・・・。






更に今朝、殿は母上が座っている横にコテンと寝転び、

ふたりでリラックスした時間を送っておりました。

殿もほとんど寝ているようだったのですが、

そこへ目が覚めた父上が・・・。


部屋に入ってきたのに気づいた瞬間、ものすごい勢いで飛び起き

足へ飛びかかってマウンティングしていました。


な・・・なになに!!??

母上の体にもう飽きた?

それとも「余が上なのじゃー」とアピールしてる!?。

分かる方はぜひぜひご一報を・・・。

145.jpg

疲れたのか今深い眠りについております。



にほんブログ村 うさぎブログへ
戦士の休息なのじゃ。
[ TB*0 | CO*12 ] page top
DATE: 2006/10/21(土)   CATEGORY: しつけ
うっかり助平。



殿はいい子です。

とても優しい子です。

何をしても怒りません。

ダメと言ったらすぐわかる素直な子です。

その点は母上も重々承知しております。しかし・・・

136.jpg

(久々のダンボールの山でかくれんぼを強要する殿)



それ以上に助平になりました。




先代に1年以上、一日4,5回はカクカクされてた母上。

もうカクカクされても気にならないという自信があります。

いえ、あったのです・・・。

あるつもりだったのです・・・。

しかし殿の助平はそんなレベルではございませんでした。



138.jpg

本能なのはわかっておりますぞ。

わかっているんですが・・・。


まずナマ足を見ると100%発情します。

殿をケージから出す時は、膝が隠れる洋服へ着替えます。

もしくはずっとタオルケットなどで足を隠しています。

それでもチラっと見えようものなら、即座に食いついてきます。



母上がお風呂から上がると、「風呂上りの母上・・・ハァハァ」と

ケージ越しに発情します。

撫でても手に興奮してきます。

なので、母上は興奮させないよう生活リズムを変え、

「寝る前寸前にお風呂に入る」ようにしました。

それでも殿の若き性欲はとどまることを知りません。

覚えたばかりの猿のごとく・・・。




先日、殿を仰向け抱っこしていた時・・・

母上は見てしまいました。




殿の股間から出てくるピンク色の糸コンニャクを。

137.jpg

「そ、そなたが余の初めての女子じゃ・・・。ハァハァ」


思わず「フンッ!」と片手で殿を放り投げそうになりました。

あぶなかった・・・。



このままでは母上は、殿の子供を孕ませられます。

昨日はうさぎを産む夢を見ました。

助けてください・・・



にほんブログ村 うさぎブログへ
ちなみにオレンジのネザーを4匹産みました。

[ TB*0 | CO*16 ] page top
Copyright © うさ奥 糞の乱 ~見るは極楽、抱くは地獄。~. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。